スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
わたしも読んだ「食品の裏側」
「ちび怪獣と大怪獣」「あかちゃんのほっぺ」を見て、私も早速「食品の裏側」を読んでみました。(我ながらすばやい。この対応の早さを仕事に活かせたらスゴイけど…)

なんちゃってとはいえマクロビオティックをやっているので出来合いのものを買うことはほとんど無く添加物も意識していたけど、この本を読んであらためて怖くなりました。人体への影響が未知なものがこれだけ使われていますよ、とリアルに書かれてるので。

家で食べるものは、ウチは「らでぃっしゅぼーや」と自然食品店ですが、問題なのはお弁当を作れなかった日の昼食。会社の食堂だって業務用の冷凍食品を使ってるに違いないし、コンビニ弁当は論外。

添加物を摂らないのはまず無理ですね。でも、よりマシな選択肢はどれかといつも考えています。パンだったら具の多いサンドイッチよりもプレーンなパンでしょうか。会社の売店では、唯一、赤飯おにぎりがもち米、ささげ、塩だけで添加物無しでした。(ホントかなぁ。)

今の職場はコンビニ弁当を買ってきて食べる人が多いのだけど、美味しそうにコンビニ弁当を食べる人をきっと私はコワイ物でも見るような目で見ているんだろうなぁ。

でも添加物って便利なんですよね。
その力を実感したことがありました。普通の皮で作っていた春巻きを、お客さんを呼んだときにはりきって自然食品店の皮を使って大失敗。普通の皮の方が薄くて破れにくく、ぱりっと揚がります。そう思うと、からっと揚がる天ぷら粉、だまにならないホットケーキミックスなどにも添加物が沢山入っているんでしょうね。

添加物にたよらない、料理の腕が欲しいです。
スポンサーサイト
【2006/04/02 15:42】 マクロビオティック | トラックバック(1) | コメント(5) | page top↑
<<おっぱいをそろそろやめようか | ホーム | 阪神戦>>
コメント
リンクありがとうございました。
読みましたか~。本当に恐ろしい世の中ですよね・・・。でも添加物のメリットも分かります。パリッと揚がった春巻きの方が美味しそうに見えますよね・・・
でも添加物入りって思うと美味しく食べれそうにないよ、きっと。
【2006/04/03 23:28】 URL | くんくん #-[ 編集] | page top↑
リンクありがとうございます。
本当に、添加物に支えられているんですよね。
今の食品業界、そして消費者は。
かなしい・・・。

>添加物にたよらない、料理の腕
欲しいですね。
著者も「職人魂を捨てさせた」と書いていますよね。
私も「家庭の味」として求められるように
がんばろぅっと・・・。
【2006/04/05 19:01】 URL | すいか #QIw6n0h6[ 編集] | page top↑
>くんくんさん
本当に恐ろしいですよね~。でも、いくら見た目が良くても添加物が入っていると思うと美味しく食べられないですよね。

>すいかさん
そうですね。作る側も消費者も安易な方向に流れてしまってちょっと悲しいですよね。伝統的な製法が無くなったり、産業構造まで変わってしまうのでは、と考えさせられたのでした。興味深い本を教えてもらいました。
【2006/04/07 23:50】 URL | yokopi #-[ 編集] | page top↑
本、すっごく気になりつつも…怖くなりそうで読めないっ(>_<)
読んだら絶対買ったお弁当は気持ち悪くて食べられなくなりますよね。ホットケーキミックスもですか!…そんな気がします。今から読もうかな。
【2006/04/09 10:59】 URL | サトワカ #Ov2NF8Xw[ 編集] | page top↑
>サトワカさん
ふふふ、ぜひとも読んでくださいな。サトワカさんなら添加物には気を付けてるでしょうけど、一層怖くなりますよぉ。
【2006/04/16 00:47】 URL | yokopi #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yokopi.blog10.fc2.com/tb.php/97-ec4ab8bc
『食品の裏側』読みました!
すいかさんのブログ「あかちゃんのほっぺ」で紹介されている『食品の裏側』(安部司 著)を読んでみました。なんとなくは分かっているつもりでいた食品添加物だけど、読んでみて自分 ちび怪獣と大怪獣【2006/04/04 00:09】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。