FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
里帰りと食について
10日間の里帰りから戻りました。
食事作りから解放された楽チンな日々も終わりです。

でも、里帰りには気を使うこともありました。おっぱいをあげている私の食べるもの、離乳食を始めたK太の食べるものです。

実家にいる間は、マクロビオティックにはこだわらないようにしていたのですが、それでも気になることが多々ありました。

ウチは食いしんぼだけど、ごくフツーの家庭で特に食の安全に対する意識が高い訳ではありません。ハム、かまぼこ等の加工食品や香料の入ったお菓子もばんばん登場します。マクロビオティック以前の問題です

あまり厳格に拒絶すると険悪な雰囲気になるので、少しだけは食べるようにしてました。そして、食品添加物はコワイよって話をするのですが、「そんなに気にしなくても。アンタたちもずっと食べてたよ」と言われてしまいます。「あーっ、それがマズかったんだよー。だからこうなった…」と言いたくなりますが、それでは親の子育てを否定することになるのであまり強く言えません。

食品添加物は遺伝子に悪さをしてその影響は3代目に出るとか、コンビニ弁当を飼料として与えられていた豚に奇形が出たなどということが言われています。今、私や両親が健康だからといって問題ないとは言い切れません。折に触れて話してわかってもらえたらいいのですが…。食品添加物や白砂糖の害(無害かどうかも含めて)、もっと広く知られるようになって欲しいものです。

ともあれ、楽しい里帰りではありました。じいちゃん、ばあちゃん、お友達、たくさんの人に会ってK太も心なしか良く笑うようになりました。

さてさて、また日中は二人きりの生活です。四六時中かまってもらえたので、かまわれぐせが付いているんじゃないかと恐れています。
スポンサーサイト
【2005/06/20 16:42】 マクロビオティック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<幼稚園のような保育園 | ホーム | 内野産婦人科の育児サークル>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yokopi.blog10.fc2.com/tb.php/25-231ad4ad
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。