スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
双子妊娠32週
ダンナが海外に行ってしまい、一人で5歳男児の世話をしつつ、仕事して、もう訳が分からないくらいへとへとな毎日で一月半過ぎました。

やっぱ、等分とは言えないまでも夫婦二人でやっていた子供の世話、家のことを一人でやりつつ、どんどん重くなるからだを抱えて出勤するのはつらいっす。

そして双子!
32週になりましたが、お腹の大きさはもう臨月を越えています。産まれそうなカンジ。
出産経験のある人は、えっ、まだ32週なのに??って疑惑の目を向けられ、実はふた…と白状することに。。。

笑っちゃうことに、自分の車両(?)感覚が狂ってて、通れると思った隙間にお腹が使える、ドアノブに手をだそうとしたら、先にハラがドアに当たる!

なんとか管理入院せずに済んでいるけど、やや早産の傾向もあって検診の度に今度こそ「入院」を言い渡されるんじゃあないかと冷や冷やもの。くたくたな夜は「いっそ入院したい~!」とも思うけど、K太のこと、だいぶトシいってきた母と義母の体力を考えると入院も躊躇してしまう。うかつに頼って、逆に倒れられたら、育児と介護が同時にかかってくるかもね。高齢出産の辛いところ。

ともかく、最低あと2週、できれば4週くらい持ちこたえて無事に産みたい!
一人目単胎妊娠のときには思いもよらなかった大変さ満載です。高齢で双子でダンナが不在で上の子がいるって。。。
これを乗り越えたらなんか自慢できるんじゃあないかって思っちゃう。
スポンサーサイト
【2010/05/15 08:02】 双子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<父親の存在、夫の存在 | ホーム | そして、しんがぽーる!>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yokopi.blog10.fc2.com/tb.php/146-16fb1292
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。