スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
結婚するほうがかっこいいか、独りがかっこいいか
少子化、非婚化と騒がれていますが、実際に自分の周りを見渡しても、同世代以上で結婚していない人がとても多いです。

世間では景気低迷による正規雇用者の減少が原因だとも言っているけど、私の知っている人たちは明らかにそうではない。
だって、みんな正社員や公務員でそれなりにいい給料貰っている。
見た目や人柄にも問題はないし、これと言って縁が無い理由は無さそうなのである。

かく言う私も30代になってから結婚しました。
20代のうちは結婚しなくってもいいと思っていた。本当に。

自分が20代の頃を思い出すと、結婚なんてしなくてもいいわ、というスタンスがかっこよかったように思います。(私だけかも知れないが…)

特に結婚して家庭にいて子供を産んで、という人生には惹かれなかった。
それは、専業主婦だった自分の母が人生を楽しんでいるように見えなかったから。
親の世代が反面教師になっちゃってますね。

今独身の友達が今でもそう思っているかはともかくとして、結婚について今ひとつ前向きになれない原因のひとつとして、そんな時代の雰囲気の中で10代、20代をすごしたせいもあるんじゃないかと。

で、今の20代はどうなんだろう?
私たちとは違うんじゃないかな。

現実はそう簡単ではないとしても、ワークライフバランスなんて言葉ができ、仕事と家庭とを両立させやすい仕組みも整えられつつあり、子供を持ちながら事業を成功させている女性経営者なんかもメディアに出ています。

そういう社会の雰囲気や成功例を見ていれば、少なくとも私たちより結婚や出産にポジティブな印象を持つのではないでしょうか。

私が晩婚で更に子供も遅かったのは、仕事(とスキューバダイビング)をしたかったから。子持ちになった先輩らが、戦力外通告みたいな扱いを受けて、白い目で見られながら定時退社しているのを見て、ああはなりたくないと思った。

そして出産を決意したのは、ある程度仕事にあきらめ(?)がついたから。

でも、実際に子供を持ってみると、私が20代の頃とは会社の雰囲気も変わっていて、子持ちでもそれなりに仕事ができることが分かりました。

若いひとたち(って言うとすごく年寄りみたいですが…)に子供を産んでうらうには、結婚しても仕事も続けられるし、子供を持っても自分のやりたいことをあきらめなくてもいいんだよって思ってもらわないといけないと思います。

それには、子供を持ちながらもちゃんと働いている姿を示すこと!ですが、定時のベルと共に髪振り乱して帰っていく姿は我ながらかっこよくないなぁ。

今年はかっこいい働く母ちゃんを目指そう。
スポンサーサイト
【2007/05/06 07:25】 よもやま話 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。