スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
欲張り
私は欲張りだ。

同期が昇進したと聞くと私ももっと仕事して認められたいと思う。

でもそう思いながら、友達が第3子を出産したと聞くと私ももうひとりくらい、と思う。

そんな、なんでもかんでもは無理だって。

復帰できる職場があって、K太がいるだけで感謝感謝なのに。

復帰してそろそろ4ヵ月。なかなか思うように仕事も進まず、子供もますます手がかかるようになって気持ちばかりがあせってます。ちょっと息抜きが必要です。
スポンサーサイト
【2006/01/28 23:15】 働くかあちゃん | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
「マクロビオティックと暮らす」を読んだ
奥津典子さんの「マクロビオティックと暮らす」を読みました。
ずっと読みたかったのだけど、なかなか本屋で手に取る機会が無くて、とうとうamazonで買ってしまいました。

マクロビオティックを暮らしにどうとりいれていくか、とても丁寧にかつ分かりやすく書かれていて、1600円以上の価値があると思いました。

久司道夫、桜沢如一と言った大御所の著書は本当に難しく、日々のごはん作りとは結びつけにくいのですが、この本に書いてあることは若い主婦ならではの具体的で実践しやすいことばかりです。

特に小さい子供を持った人にはおすすめです。
この本にも書いてあるけど、子供は大人よりも敏感に反応します。私も子供が調子を崩すと、慌てて何食べたっけと反省したり落ち込んだりして大忙しですが、彼女も子供に良かれと思ってのりやレトルトパウチの甘栗を食べさせてバランスを崩した話などあってためになりました。(私も結構のりを食べさせてました。それで鼻水出ちゃったのかも。)

また、彼女のような方でも何年も試行錯誤を重ねてそこまでたどり着いたことが伝わってきて本当に励まされます。なんちゃってな自分でもあきらめずに続けていこうという気になります。

そしてところどころに豆、雑穀の食べ方など簡単に触れてあるのですが、これが美味しそう。ちゃんとしたレシピはORGANIC BASEで教えてもらえるのでしょうが、子持ちWMの私にはそんな余裕はありません。勝手に想像して作ってみるしかないですね。

しかし、マクロビオティックの本には今ひとつ心から納得できないというか、私の好きではない部分があるのも事実です。鶏を食べると仲間をこづきたくなる、とか、悔い改めるは食い改めるだとか、ちょっと飛躍していないか?単なるしゃれなんでは、とつい突っ込みたくなります。

こんな懐疑的な性分は何を食べているからなんでしょうかね。
【2006/01/23 00:57】 マクロビオティック | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
蒸し鍋を買う
K太が土鍋のふたを落っことしてばりんと割ってくれたので(床に置いとく私が悪い…)、土鍋を新調しました。マクロビオティックではマスタークックの土鍋がメジャーですが、つい別のものを。蒸し鍋になる土鍋です。

嬉しくなって最近は蒸し物つづきです。

そのままさいまいもを蒸してみたり、

20060122-1.jpg


蓮根蒸しをしたり、

20060122-2.jpg


青菜と白身魚の蒸しものも。

20060122-3.jpg


K太はどれも大好き。

蓮根蒸しは出汁で煮たきのこや人参の上にすりおろした蓮根を置いて、10分くらい蒸した後に溶いた葛をかけ、透明になったら柚子の皮を添えてできあがり。蓮根が食べやすくなってK太も沢山食べてくれます。本当は茶碗蒸しの器を使うんでしょうけど、無いのでグラタン皿です。

お料理の気力がなくなった時でも、新しい調理器具とか、レシピ本を買うとなんだかやる気が沸いてきます。単純だわ。
【2006/01/22 13:58】 マクロビオティック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夫の変化
夫が「あっー、なんか調子悪い、お肉食べたからかなぁ」と。

「って、いつも食べてるじゃないの!」と思わず突っ込んでしまいました。

「いや、言ってみたかっただけ」と夫。

家ではマクロメニューも食べるけど、お肉もばりばり食べている我が夫。でも、さすがに相方である私のなんちゃってマクロが一年にもなるとだんだんと洗脳されてきたようです。

「肉を食べたら大根おろし?」とか、「れんこんにはどういう作用があるの?」とか聞いてきます。

特に年末、忘年会で飲みすぎてこめかみのあたりが痛いとうなっていたときに、梅醤番茶を飲んで治って以来、食べ物のパワーを体感するのが面白くなったみたい。

でも一番大きな夫の変化は玄米大好きになったことでしょうか。お呼ばれや帰省で白米が続くと「玄米じゃないと食べた器がしない」などと言っています。これは本音です。

よしよしその調子。なにしろ、夫の家系は脳血管の病気が多いので、これから大事にしてもらわないとね~。
【2006/01/18 00:26】 マクロビオティック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
New Year's Resolution
また、新しい年の始まりです。

学生の頃は進級やら入学卒業があって、毎年変化がありますが社会人になると変化が乏しくなります。

これではいかんと数年前から年の初めにNew Year's Resolutionを決めて、目標を立てたり、新しいことを始めたりすることにしています。って書くとタイソウだけど、単に新年の抱負ですね。(あえて英語にすることで自分を鼓舞!)

去年はもちろんマクロビオティックの習慣化(食事の8割をマクロにすることを目標にしてました)
2004年は中国語(デカイお腹を抱えて4級取得)
2003年は脱ペーパードライバー(スキューバダイビングに行くため買った車も今はもっぱら保育園の送迎車)

さて、今年は何にしよう?
なんか決めておかないと家事と育児と仕事に振り回されてあっという間に一年過ぎそうです。
【2006/01/04 15:32】 よもやま話 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
お正月
あけましておめでとうございます。

今年は12月23日に弟夫婦に子供が生まれたので、実家はそっちにかかりきり。帰省せずに家族3人で静かなお正月を過ごしました。

少しは正月らしく、とおせちなど作ったこともないけどお煮しめとなます、松前漬け、お雑煮、ローストビーフなどを用意して、赤ワインで乾杯。
さすがに、ローストビーフはちょこっとだけにしておこう。

20060101.jpg


と、少し気を使ったにもかかわらず、この後K太君激しくぐずる!
授乳までにかなり時間を空けたつもりなのに、ほんの少しの赤ワインのせいか、一口だけ食べたローストビーフのせいか、正月早々、高い授業料でした。

卒乳するまで、赤ワインはやめよう。(ビールならいいのか?)
【2006/01/04 15:08】 よもやま話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。